Johnstonsの巻き方アレンジ:上級編|ジョンストンズ

みなさん、こんにちは。

Lunetta Biancaへようこそ。

Johnstonsのストールは、上質な素材と洗練されたデザインで、世界中のファッショニスタから愛されています。

今回は大人コーデに合わせたい巻き方アレンジをご紹介します。

 
Johnstonsの無地シリーズにも合わせやすいのもポイントです。
 
 
johnstons-simple2
https://jp.pinterest.com/pin/45669383700016969/
 

・ボレロ風

 
johnstons-bolero
https://jp.pinterest.com/pin/435160382723637696/
 
まるでカーディガンやボレロのように羽織るアレンジ方法。

シンプルな巻き方ですが、隠すために使うのではなく、見せるために使いましょう。

軽く羽織って、腕にかけます。手首を見せるようにするとエレガントですね。

ボレロ風にする時には、中はシンプルなドレスやスーツがおすすめです。

大人な雰囲気を漂わせることができます。
 

・ドレープ巻き

 
johnstons-drape
https://jp.pinterest.com/pin/20688479516204458/
 
上品でファッショナブルな印象を与えたいなら、ドレープ巻きがおすすめです。

ピンを使うと上手に巻くことができます。

三角に折ったストールを、軽く巻きつけていきます。

ギャザーを作りながら、ふんわりとさせながら巻き、最後の部分は安全ピンなどで留めましょう。

巻き終わりを肩あたりにくるようにすれば、ピンで留めているのが目立ちにくく、ふわっとしたギャザーで首元にボリュームを出せます。
 

・デニッシュ巻き

 
johnstons-denish
https://jp.pinterest.com/pin/346284658826063023/
 
大人カジュアルなスタイルにぴったりな巻き方です。

小顔効果も狙えて、モデル風の雰囲気に仕上がります。

ストールを首に1回巻きます。左右が同じ長さになるように胸の前に垂らします。

片方ずつ、首の輪に巻きつけていきます。

最後の先端は輪の中に押し込めば、くるくるとねじれのあるデニッシュ巻きが作れます。

最後に全体をふんわりすれば、ボリュームのあるアレンジになりますよ。
 

・ボリュームポット巻き

 
johnstons-knot
http://johnstons.jp/collection/
 
簡単そうで、意外とバランスの取り方が難しいポット巻き。この上級コーデが使いこなせたら、嬉しいですね。

Johnstonsの無地ストールでも、タータンチェックシリーズでもマッチします。

首に1回ふわりと巻きます。できた輪っかを首の前でねじってもう一つ輪を作ります。

両先端を輪っかの中に入れて、バランスを整えます。

写真のように、少し斜めにずらすのもおすすめです。

胸元にボリュームがあり、エレガントな印象に仕上がります。

 
上級者コーデも覚えておくと、毎日のストールアレンジが楽しくなります。

ボリュームのある巻き方をすると、ただ巻くよりもストール本来の温もりを最大限に感じられますよ。

ストールはコートなどのアウターだけでなく、ニット類とも合わせやすいので、秋から真冬、春先まで長い期間使えます。

いろいろな巻き方で、ストールコーデを楽しみましょう。

Share this post