ジョンストンズのカラーの合わせ方|ジョンストンズ

みなさん、こんにちは。

Lunetta Biancaへようこそ。

人気のJohnstonsシリーズは、色の組み合わせでさらに楽しめるのが素敵なところ。

今回は、カラーコーディネートを中心にご紹介しましょう。
 

Johnstonsストール

 

・赤×白

 

https://www.pexels.com/photo/person-wearing-white-knit-sweater-and-white-and-beige-polka-dot-pants-97086/

https://www.pexels.com/photo/person-wearing-white-knit-sweater-and-white-and-beige-polka-dot-pants-97086/

 
Johnstonsといえばこれ!というほど有名な、「ロイヤルスチュワート」

赤を基調としたタータンチェックは、ファッションのアクセントにぴったりのストールです。

どんな色とも相性の良いロイヤルスチュワートですが、ガーリーなコーディネートに仕上げるなら、真っ白なふわふわニットと合わせるのがおすすめです。

ガーリーで優しい雰囲気に、しっかりとしたロイヤルスチュワートの赤色がよく映えます。

冬の定番カラーで暖かい雰囲気を漂わせちゃいましょう。
 

・青×白

 

https://pixabay.com/ja/%E5%B8%BD%E5%AD%90-%E3%82%BF%E3%82%AA%E3%83%AB-%E5%A4%8F-%E8%87%AA%E7%84%B6-%E5%B9%B3%E5%92%8C%E3%81%AA-%E7%86%B1-%E7%A9%8F%E3%82%84%E3%81%8B%E3%81%AA-782287/

https://pixabay.com/ja/%E5%B8%BD%E5%AD%90-%E3%82%BF%E3%82%AA%E3%83%AB-%E5%A4%8F-%E8%87%AA%E7%84%B6-%E5%B9%B3%E5%92%8C%E3%81%AA-%E7%86%B1-%E7%A9%8F%E3%82%84%E3%81%8B%E3%81%AA-782287/

 
ダークトーンに青色をプラスしたドレスゴードンは、Johnstonsの中でもメンズライクな印象です。

落ち着いた色合いだからこそ、白と合わせやすく、きりっとしたカジュアルコーデをつくれます。

ドレスゴードンに配色された白と、トップスの白でまとまりを持たせることができます。

トップスにカラーを持ってくるなら、ベレー帽などで白をプラスしてあげても良いですね。
 

・赤×赤

 

http://maxpixel.freegreatpicture.com/Hipster-Red-Shoes-Style-Fashion-1471537

http://maxpixel.freegreatpicture.com/Hipster-Red-Shoes-Style-Fashion-1471537

 
ロイヤルスチュワートやブラックスチュワートなど赤が特徴的なJohnstonsの定番ストールには、赤色のアクセントを、帽子や靴、手袋などでプラスしてあげるのがおすすめです。

カラーを合わせてコーディネートすると、全体にまとまりができて引き締まった印象に仕上がります。

服のカラーを減らして、シンプルなものでまとめ、小物で色を加えてあげるのがポイントです。

アウターは、赤によくあうブラックなどのダークトーンで落ち着きをもたせてあげましょう。
 

・ベージュ×ピンク

 
落ち着きを感じさせるベージュなら、Johnstonsのドライブリッジがおすすめです。

優しいピンクのニットと合わせるのもポイント。

同じjohnstonsのカシミヤニットは、優しいピンクやホワイトのシンプルなトップスです。

ベージュが基調のドライブリッジと合わせれば、ふんわりと優しい印象に仕上がります。
 
johnstons-sweater-3
 
毎日つけるストールだからこそ、いろいろなカラーの組み合わせで、コーディネートに変化をもたせてあげましょう。

小物やアクセサリーのカラーを、ストールと同じカラーで揃えるだけで、こだわりを感じさせることができます。

上質でずっと使い続けるアイテムだからこそ、いろいろな着方を楽しんでみてくださいね。

Share this post